ボトックス注射で小顔効果を実感|押さえておくと良いポイント

事前に知っておくこと

注射

押さえておきたいポイント

ボトックスを注射することによって小顔効果が期待できるのですが、そのためにはいくつか押さえておくと良いポイントがあるため、しっかりと覚えておきたいものです。特にボトックス注射をした後が大切で、どのような行動を取るのかで大きく変わってくるのですが、中でも患部をマッサージするのは避けておくのが無難でしょう。顔の筋肉の動きを抑制することで小顔にするのですが、その時に強く揉んでしまうとボトックスが散らばる可能性があるのです。すると狙った筋肉への効果が薄れるのはもちろんのこと、周りの関係のないところにボトックスが行ってしまい、予定していない箇所が動かしにくくなるなどといった事態になります。そのため綺麗な小顔にならない場合もあるので、施術を受けたらなるべく顔には触らないようにしておきたいところです。それから寝る時に体を横にする人が意外と多いのですが、ボトックス注射をしたのならそれもやめておくのが良いです。マッサージ同様に流れてしまうからですが、こちらの場合は下にしている方にだけ効果が現れる恐れがあるのです。顔半分が小顔になって、片側は今まで通りといったとても歪な状態になるので、しばらくは真上を向いて寝るようにすると良いでしょう。ボトックスは基本的に大きく発達した筋肉に注射を打つことになります。つまり針を刺すわけですから、それなりの痛みはあります。ただしお願いする美容クリニックや、患者側から希望をすることによって、施術前には麻酔をしてもらうことが可能な場合が多いです。 しかしこの時にもやはり注射器を使用するので、どちらにしても痛みを感じることになります。どうしても痛みが嫌だ、あるいは苦手なのであれば、麻酔クリームと呼ばれるものを使用している美容クリニックを探してみましょう。それ以外にも笑気麻酔が使えるケースもあるため、事前に医師と相談しておくと良いです。加えて小顔になるためのボトックス注射をする場合、たいていはエラに打つことになるものの、その際の痛みの度合いは筋肉がどの程度分厚いのかによって左右されると言われています。医師に診てもらい、痛みが出やすいエラであれば麻酔をしてもらい、比較的問題なさそうならそのまま施術するなどといったやり方もあるのです。ちなみにボトックス注射をして小顔効果が出ている間に関しては、ほとんど痛みを感じることはないです。上記した通り筋肉の動きが抑えられるので、若干の違和感があるのですが、慣れれば今までと同じように過ごせます。

Copyright© 2018 ボトックス注射で小顔効果を実感|押さえておくと良いポイント All Rights Reserved.